環境技術指導者養成講座の課題について

講義やエクスカーションの後で「課題」を提出いただくことが,当講座を修了するための要件となっています。「課題」は通常A4版1ページのレポートであり,テーマは各講義やエクスカーションの最後に講師からお知らせすることになっています。

「課題」は次の手順で作成してください。

  1. 次のファイルをダウンロードして作成してください。 ファイルをダウンロード (保存を選んでください)

  2. ファイル名は,フルネームに下表の「課題番号」をつけてください。(例:「山田太郎1」または「山田太郎1.doc」)
    ※提出順の通し番号ではありません。
    ※講義ごとに異なるファイルにしてください。

  3. 日付,科目,講師は下表を参考にしてください。

  4. 課題のタイトルは講義の最後に講師からお知らせしています。質問などを書いてもらってもいいです。

  5. 提出は,圧縮せずに添付ファイルで次のアドレスまで送ってください。(kouza@scet.info)

  6. 到着の連絡や返却はしませんので,念のためバックアップを持ち,送付日付を控えてください。

作成上のトラブルや質問は送付先アドレスまでお願いします。

テーマ 講  師 課題番号
NO.1 5/16
 土
時間軸で測る環境評価 森下郁子(淡水生物研究所)
ランドスケープデザインから自然を評価する
吉村元男(地球ネットワーク会議)
鳥類からの環境評価 江崎保男(兵庫県立大学)
NO.2 5/30
(エクスカーション)40年目の森を探索
            (万博記念公園)
長 祐子((株)グリーンスタジオ)
NO.3 6/20
農業土木(土地改良)の歴史から将来を展望する 上野裕士(内外エンジニアリング梶j
バイオマスエネルギー問題の歩みと将来 本庄孝子(環境技術学会)
栗本修滋(栗本技術士事務所)
エネルギー問題の歴史 藤川陽子(京都大学)
NO.4 7/18
水道事業の歩みと将来(概要) 金子光美(環境技術学会)
廃棄物事業の歩みと将来 福永 勲(大阪人間科学大学)
下水道システムの変遷 松井大悟(日本非開削技術協会会長) 10
大阪府流域下水道の歩みと今後の可能性 北山 憲(元大阪府下水道室長) 11
NO.5 10/17

エクスカーション)巨椋池の干拓 上野裕士(内外エンジニアリング梶j 12
NO.6 11/14
砂防ダムの歩みと将来 大江 徹(元安威川ダム建設事務所) 13
開発・支援に関する環境配慮の歴史と今後 島津康男(名古屋大学名誉教授) 14
ワークショップ 広谷博史(大阪教育大学)