大阪の夏はどこまで暑くなる?
                ・・・ 地球環境とエネルギー ・・・


                                 
 佐野 寛(地球エネルギーシステム研究所)

概要.
 都市の真夏日が増える,熱帯夜が増える,というヒートアイランド現象。
 ではなぜ? といえば答えはまとまりにくい。
 地球温暖化にその原因を求めることは流行といってもいいが,
  実は他の原因も複雑に重なり合っている(図1)。
 数値的な検討からは,地球温暖化効果のヒートアイランドへの寄与は約1/3に過ぎない。





    







              図1 都市をめぐる熱の流れ;ヒートアイランドに到るまで
  
 都市に流入する熱は, @太陽光の入射、 A都市で発生する排熱(燃焼・電力・自動車)があり,
 さらに都市のB蓄熱効果による放熱障害,がヒートアイランド形成に寄与している。
 
 本講では,最初に化石燃料によって導かれる地球温暖化効果について解説し,
 それが全地球的な温度上昇現象であり,
都市に集中して起きるヒートアイランドに対しては間接的な影響しか及ぼさないことを示す。

  次に、大阪の夏が現にどの程度暑くなっているか,実態を数値的に検討し
 このレベルが地球温暖化をはるかに超えていることを示す。
 ヒートアイランド現象は主に局地的・局時的な効果の積み重ねによって起こり,
 熱帯日・熱帯夜の増加や通風阻害などの調査結果でその実態を知ることができる。
 
 対策は,大阪市・大阪府・環境省など各レベルにおいて数年前から着手されている。
 原因の究明は,密接に対策技術開発につながっているが微妙なずれもある。
 技術の方向としては, A.人工排熱の低減, B.建物や道路の蓄熱抑制, C.放熱・冷却の促進,
 が強調されている。
 それらのモデル的な対策推進事例は、かなり蓄積されている。
 都市の中に,クールスポットを作り,公開・展示することが既に多く行われている。
 ただし、その適用性の限界は見定められておらず,このモデルの拡張によって都市のヒートアイランド問題を全面的に解決できるかは,まだ判らない。
 最後に,今後のヒートアイランド現象の激化・緩和がどうなるかを推定し,対策技術の開発動向などのあるべき姿を検討する。
                               SCET(環境技術支援センター)