水環境を測る・改善する
            

                                   藤川陽子(京都大学・原子炉実験所)

1. 本講義のねらい
湖沼・閉鎖性海域の環境基準のうち生活環境項目の達成率は依然として低い.
下水処理施設の整備推進・高度処理導入や
合流式下水道の改善などが進められているが,
農地・市街地等のノンポイントソースや日排水量50m3未満の小規模事業場からの
汚濁負荷削減が容易でないこともあり,早急な水質改善は望めない.

水源水質の悪化に対応し,高度浄水処理を導入する浄水場が増えたが,
この動きが水道料金の高騰と中小規模浄水場の淘汰,水道水源の一元化を招き,
今後水道水供給の安定性を低下させる可能性もある.
水圏の水質改善とあわせ水道水源の多様化が必要と考えられる.
このような背景のもと我々は,
(1)排水の高度処理への土壌浸透法の適用,ならびに
(2)中小規模浄水場のための地下水の低コスト生物処理技術,の研究を行ってきた.

本講座では,これら技術を適用したパイロット施設・実施設の評価に用いた
水質測定方法と測定結果を紹介する.
これら事例の検討を通じ,水環境改善技術の性能評価はどうあるべきか,について考える機会としたい.

2. 事例紹介: 土壌浸透法は水域のCOD削減にどの程度有効か
農業集落排水処理施設からの二次処理水,
草津川河川水および畜産場からの排水を処理している3つの土壌浸透施設
(それぞれ立地地点から甲賀,草津,八田原と略称)における
有機物除去性能を比較した(表1).
対象原水はいずれも生分解性の低い有機物を多く含んだものであった.
なおこれら施設では当初リンの除去も高効率で行われたが
時間とともに除去率は低下した.
有機物除去率はリンほどは高くならないが長期に持続する傾向があった.

3. 事例紹介: 鉄バクテリア法生物処理の性能は何に左右されるのか
2つの現場で濃度の異なる鉄・マンガン・砒素含有地下水に
鉄バクテリア法生物濾過を適用し,その性能を評価した.
処理性能変動の要因として,
処理対象物質の濃度変動,
ろ過塔の温度変化,
逆洗操作などによるろ過塔の状態の維持,
マンガン酸化細菌のろ材への定着・繁殖有無,等が示唆された.
今後,対象地下水中の砒素の価数変動の実態把握が必要である.

                            
                        SCET(環境技術支援センター)
WORD版